ランドセルは小学生にあがる女の子にとって大切なアイテム

子供たちの相棒ランドセル

ランドセル

ランドセルの歴史

ランドセルのルーツは幕末で遡ります。江戸時代末期になると、貿易が盛んになり、海外の文化がどんどん日本に入ってきました。
ランドセルの起源はその時に入ってきた軍用のリュックだと言われています。
そのリュックをもとに日本独自の形状に発展したのが現在使われているランドセルです。

通学カバンとしてのランドセル

ランドセルが通学カバンとして使用されるようになったきっかけは、学習院学校にあります。明治時代の学習院では生徒が徒歩以外で通学することが禁止されていました。そこで、学校で使用する教科書や筆記用具を入れるために使用され始めたのがランドセルです。しかし、当時は布製のものが主流でした。

革製のランドセル

現在のような私達がよく目にする革製にランドセルが使用されたのは、明治20年に大正天皇の学習院入学を祝して、伊藤博文がプレゼントしたことが始まりだと言われています。ここから、いま私達が知っているランドセルは始まったんですね、

ランドセルの種類

ランドセルには大きく分けて二種類あります。
一つは私達がよく知る縦型のランドセルです。
もう一つが横型のランドセルです。
どちらにもそれぞれのメリットがあるので、自分のお子さんに合っているものを選ぶようにしたいですね。

重さによる分類

ランドセルは使用される材質によって、その重さが大きく変わってきます。
最近では、超軽量ランドセルとして重さが数百グラムしかないものもよく目にするようになりました。
超軽量型には確かに軽いのですが、それ相応のメリとデメリットがあるので、それぞれのランドセルの特徴をしっかり把握してプレゼントするようにしましょう。

ランドセルの基本

ここまで、ランドセルの歴史とその簡単な分類について説明しました。しかし、ランドセルにはもっと奥深い機能性が隠されています。ランドセルについてのQ&Aを読んで、もっとランドセルのことを知りましょう。また、流行を抜かりなく調査すべきです。

ランドセルのあれこれ

六年間もつの?

最近のランドセルはどれも大変丈夫になってきています。しかし、材質によってはその扱い方で六年も経たずに、形が崩れたり、破けたりしてしまうこともあります。そのため、目的に合った材質を選ぶことが大切です。

本革のランドセルは重い?

たしかに本革性のランドセルの重さは約1300グラム程度と1000~1100グラムの人工革製のものに比べて重いといえます。しかし、最近では職人の技術が向上し、1000グラム程度の本革製のランドセルも開発されているので安心してください。

手入れは大変ですか?

本革のランドセルの手入れはそれほど大変ではありませんよ。十日ごとに保護クリームを塗ったり、専用のクリーナーで汚れを落とす程度で大丈夫ですよ。ただし、水気に弱いので、雨の対策が必要ですよ。

修理もできるの?

ランドセルは結構高価なものです。だから、壊れたからといって何度も買い換えることはできませんよね。革製のランドセルの多くは、購入した店舗に相談すればすぐに修理してくれるので調べてみてくださいね。

革を何かに使えないでしょうか

本革のランドセルの場合、その革を再利用して、キーホルダーにしたり、女の子用の小物入れにしたりすることができます。プレゼントしたランドセルが卒業後も大切に使い続けることができるなんて、素敵ですよね。

広告募集中